調理家電

日立のMRO-W10AとMRO-W10Zの4つの違いをサクッと比較!

日立のオーブンレンジ・ヘルシーシェフシリーズの新機種・MRO-W10A
が出ました。

旧機種のMRO-W10Zとどう違うんでしょうか。

比較してみました。

MRO-W10AとMRO-W10Zの違いは次の4つです!

・「熱風旨み焼き」を搭載
・「野菜シャキシャキメニュー」が増えた
・2品同時あたため時間のスピードアップ
・オートメニュー数

次で詳しく説明しますね。

MRO-W10A↓

 

MRO-W10Z↓

HITACHI 日立 過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ MRO-W10Z スチームオーブンレンジ

MRO-W10AとMRO-W10Zの違いを比較!

MRO-W10AとMRO-W10Zの比較表

MRO-W10AとMRO-W10Zの違いを表にしました。

  MRO-W10A(新モデル) MRO-W1Z(旧モデル)
庫内容量 30L 30L
最高出力 1000W 1000W
最高温度 300℃ 300℃
オートメニュー数 265 268
野菜シャキシャキメニュー 11 8
熱風旨み焼きメニュー 17 なし
表示 大型カラータッチ液晶(5インチ) 大型カラータッチ液晶(5インチ)
サイズ 497×442×375(mm) 497×442×375(mm)
重さ 約18kg 約18kg
スマホ連携

次にそれぞれの項目を説明します!

「熱風旨み焼き」搭載

独自のテーブルプレートを受け皿にし、新しい形の焼き網を乗せる構造で、おまかせで焼き上げることができる「熱風旨み焼き」の17メニューを搭載。

大火力と熱風で食材を包みこんで肉の旨みを閉じ込め、外はこんがり、中はジューシーに。

お肉はジューシーさ大事ですよね~

「野菜シャキシャキメニュー」が増えた

「野菜シャキシャキメニュー」に新たに3メニューを追加。

全部で11メニューに。

大火力でサッと加熱するので、野菜のシャキシャキ感と栄養がそのまま

2品同時あたため時間のスピードアップ

温度の違う2品を同時に温めることができる「2品同時あたため」がスピードアップ

例えば、冷蔵野菜いため200gと冷凍ごはん150gを一緒に温める場合、MRO-W10Zでは5分50秒だったのが、MRO-W10Aは5分で温めができるようになりました。

2品同時に温められるって、忙しい時にいいですよね~

オートメニュー数

食材をセットし、メニューを選んでボタンを押すだけのオートメニューを多数搭載しています。

MRO-W10Zは268個
MRO-W10Aは265個
入っています。

たくさん入っているのでレパートリーが広がりますね。

しかもオートでラクできます。

MRO-W10A↓

 

MRO-W10Z↓

HITACHI 日立 過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ MRO-W10Z スチームオーブンレンジ

MRO-W10AとMRO-W10Zの共通の特長は?

Wスキャン

センター赤外線センサーと重量センサーが加熱の時間をコントロールして、調理、温め、解凍を行います。

大型カラータッチ液晶

見やすく操作しやすい5インチのカラータッチ液晶

スマホとつながる

ヘルシーシェフアプリで、本体に内蔵していないメニューもどんどん追加。

レシピを提案してくれる献立決め機能も。

メニューに迷うことも無くなるかも。

300℃熱風2段オーブン

大火力と熱風で熱を効率よく伝えます。

2段にすることも可能なのでたくさん調理できます。

お手入れしやすい

調理家電はお手入れしやすさがポイントですね。

内側は凹凸が少なく拭きやすい。

側面は汚れがわかりやすい明るい色。

吸水タンクとつゆ受けは外して洗えます。

お手入れコースありで汚れやにおいを落とします。

まとめ

MRO-W10AとMRO-W10Zの違いは次の4つでしたね。

・「熱風旨み焼き」を搭載
・「野菜シャキシャキメニュー」が増えた
・2品同時あたため時間のスピードアップ
・オートメニュー数

MRO-W10A↓

 

MRO-W10Z↓

HITACHI 日立 過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ MRO-W10Z スチームオーブンレンジ