調理家電

日立のMRO-W10Aと MRO-W1Aの4つの違いを比較!

日立の過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」シリーズから、MRO-W10AとMRO-W1Aの2機種が発売になりました。

この2機種はどうちがうんでしょうか。

違いを比較してみました。

MRO-W10AとMRO-W1Aの違いは

・オートメニュー数の違い
・レシピ数の違い
・表示部の液晶の違い
・カラーバリエーションの違い

です。

MRO-W10A↓

 

MRO-W1A↓

MRO-W10Aと MRO-W1Aの4つの違いとは?

MRO-W10Aと MRO-W1Aの違いを表にしました。

  MRO-W10A MRO-W1A
庫内容量 30L 30L
最高出力 1000W 1000W
最高温度 300℃ 300℃
レシピ数 312 291
オートメニュー数 265 246
熱風旨み焼きメニュー 17 17
表示 大型カラータッチ液晶(5インチ) フルドット液晶(バックライト付き)
サイズ 497×442×375(mm) 497×442×375(mm)
重さ 約18kg 約18kg
スマホ連携

次に、違いを詳しく見ていきましょう。

オートメニュー数の違い

オートメニューは温め・解凍・下ゆでと応用メニューを含んだオートで調理できるメニューです。

クックパッドの人気レシピや食品メーカーとコラボしたレシピも手軽に作れます。

この内蔵している数が、
MRO-W10Aは265、 MRO-W1Aは246です。

オートで作ってくれるので、楽で時短にもなりますよね。

料理があんまり得意でない人も凝った料理がつくれます。

レシピ数の違い

レシピはwebレシピ集掲載の材料・作り方です。
MRO-W10Aは312、 MRO-W1Aは291です。

ネットでレシピを探す手間が省けていいですよね。

表示部の液晶の違い

MRO-W10Aは見やすい
大型カラータッチ液晶(5インチ)。

MRO-W1Aは
フルドット液晶(バックライト付き)
です。

見やすいほうが設定の時とか状態を見る時にいいですね。

カラーバリエーションの違い

MRO-W10Aはフロストブラック

MRO-W1Aはフロストブラック・フロストホワイト

です。

MRO-W10Aは1色なので、キッチンの色に合わせたいという人は残念かもしれませんね。

MRO-W10A↓

 

MRO-W1A↓

MRO-W10Aと MRO-W1Aの共通の特長は?

MRO-W10Aと MRO-W1Aの共通点はこちらです。

熱風旨み焼き

独自のテーブルプレートと熱風で大火力で一気に加熱。

肉の旨みを閉じ込めて外はこんがり、中はジューシーに仕上がります。

お肉はジューシーさ大事!

野菜シャキシャキメニュー

大火力ですばやく加熱し、野菜のシャキシャキ感と栄養を守って調理します。

Wスキャン

センター赤外線センサー
重量センサー
が加熱の時間をコントロールし、調理、温め、解凍を行います。

ムラになって冷たいところがある!ということが少なくなります。

2品同時あたため

冷蔵と冷凍の料理2品を同時に温めることができます。

例えば、冷凍ごはん150gと冷蔵野菜いため200gの場合、約5分で温めることができます。

普通は別々に2回温めるところですが、同時にできるので忙しいときに助かりますね。

300℃熱風2段オーブン

300℃熱風2段オーブンで予熱が早く、おいしくたくさん焼けます。

ヘルシーシェフアプリ

スマホアプリと接続すると、おすすめレシピを毎日提案してくれます。

メニューに悩むことが減ります。

お手入れ簡単・清潔

調理家電はお手入れのしやすさが気になるポイントですね。

テーブルプレートは外して丸洗いができますので、かんたんに清潔に保てます。

まとめ

MRO-W10AとMRO-W1Aの違いは

・オートメニュー数の違い
・レシピ数の違い
・表示部の液晶の違い
・カラーバリエーションの違い

でしたね。

MRO-W10A↓

 

MRO-W1A↓