調理家電

KAT-B130とKAM-S130の違いをサクッと比較!

人気のタイガーのオーブントースター。

その中で、KAT-B130とKAM-S130は似ているのですが、どう違うんでしょうか。

比較してみました。

KAT-B130とKAM-S130の違いは、

・ガラスが断熱Wガラスか
・サイズ・重さが違う
・カラーバリエーション

です。

一番違うのは、熱を逃さない断熱Wガラスかどうかです。

次で詳しく説明しますね。

ちなみに、KAM-S130とKAM-S131は同じ仕様です。

KAT-B130

 

KAM-S130

タイガー魔法瓶 オーブントースター KAM-S130RG グロスレッド

KAT-B130とKAM-S130の違いは?

KAT-B130とKAM-S130の違いをご説明していきますね~

焼きムラを抑える断熱Wガラス構造

一番違いがあるのはガラスです。

KAT-B130は正面のガラスが断熱Wガラスになっています。

正面のガラスは部屋の中の空気にふれるので熱が逃げてしまうのですが、このKAT-B130は熱が逃げにくくなっていて、中の熱を一定に保ちます

そのため、焼きムラができないんですね。

サイズ・重さが違う

サイズはKAT-B130のほうが少し大きくなっています。

どちらも庫内が広いのは変わらず、パンは3枚、ピザは25cmのものが焼けます。

重さも1kg違います。

電源コードの長さはKAT-B130が20cm長いです。

機種 KAT-B130 KAM-S130
消費電力 1300W 1300W
サイズ 37.7cm×34.5cm×24.5cm 35.1cm×33.0cm×22.5cm
庫内サイズ 32.5cm×26.0cm×10.0cm 30.0cm×26.5cm×9.0cm
重さ 4.7kg 3.7kg
電源コード 1.2m 1m

カラーバリエーション

カラーバリエーションは

KAT-B130はマットブラックのみ、

KAM-S130はレッドとマットブラック

です。

KAT-B130

 

KAM-S130

タイガー魔法瓶 オーブントースター KAM-S130RG グロスレッド

KAT-B130とKAM-S130の共通の特長

ワイド&ビッグ庫内

正面がワイドなガラスなので中の状態がよく見えます

庫内が広いので、トーストは3枚同時、ピザは25cmのものが焼けます。

黒遠赤ヒーター搭載

バランスよく加熱するトリプルヒーター。

上は黒遠赤ヒーターになっていて遠赤外線を発するので、素早くトーストし、他の料理も中までこんがりふっくらおいしく焼けます。

1300Wのハイパワー

ハイパワーで一気に焼き上げるので、トーストも早いです。

出し入れがラク

焼き網が大きく前に出るので、パン、料理を取り出しやすくなっています。

30分ロングタイマー

タイマーは30分まで設定できるので、時間がかかる料理もOK。

無段階温度調節

温度は80℃~250℃まで無段階で調節できます。

いろいろな料理に対応できますね。

シリコン加工の深皿調理トレイ

深皿調理トレイ(受皿)にはシリコン加工がしてあるので、汚れがこびりつきにくく、落ちやすくなっています。

また、底が波状になっているので、そこに余分な油が落ちて流れやすくなっています。

お手入れがラク

「焼きアミ」も「パンくずトレイ」も本体から外して丸洗い可能なので、清潔でラクです。

KAT-B130

 

KAM-S130

タイガー魔法瓶 オーブントースター KAM-S130RG グロスレッド

KAM-S130とKAT-B130どちらがいいの?

KAM-S130とKAT-B130どちらがいいかですが、
熱を逃さないという機能に魅力を感じたならKAT-B130。

そうでなければ、他の機能はあまり変わらないので、KAM-S130でいいかと思います。

値段の差は3,000円くらいありますのでそれをどう考えるかですね!

KAT-B130

 

KAM-S130

タイガー魔法瓶 オーブントースター KAM-S130RG グロスレッド